Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品&サービス  >  ワークステーション

HP Workstation 導入事例紹介
医療現場が求めるWSの未来をさぐる(Rad Fan記事)


 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む
今、注目の放射線治療分野においてCMSが提供するソリューションを支える最新のHP WSの処理能力とは?
PDF Rad Fan掲載記事(PDF・297KB)はこちら

CMSプロダクトマーケティングマネージャー 香坂浩之氏がん対策基本法に基づく予算の増額や、2008年4月の診療報酬改定からIMRTが新たに保険給付の対象とされるなど、放射線治療分野の需要が益々高まりを見せている。放射線治療計画システムの販売で60%のシェアを有し、業界トップのシー・エム・エス・ジャパン株式会社(以下、CMS)。そして同社が採用するのは、最新技術を搭載したHPワークステーション(以下、WS)であった。がん患者の命を救い、放射線治療医の作業を軽減するソフトウェアの陰で活躍する、HP WSの性能とは。CMSプロダクトマーケティングマネージャー香坂浩之氏にお話を伺った。

 クアッドコア搭載のHP WSにより真価を発揮するCMSの主要製品

「近年、放射線治療の需要が非常に高く、また放射線治療医の数も少ないため、現場の医師は多忙を極めています。だからこそ弊社が提供するソリューションはより早く、より精確な治療計画の作成・検証を目指し、ソフトウェアの処理技術を大幅に向上させました。特に診療報酬改定により、IMRTが保険給付の対象となることで、新たに治療計画装置を使用したIMRTの導入や、使用する治療計画装置のスピードアップなど、更なる需要が見込まれており、『XiO』『Monaco』といったIMRTに有用な製品のスループット向上に注力いたしました」と香坂氏は語る。

その最先端の製品展開を支えるのが、クアッドコア インテル® Xeon®プロセッサを搭載し、Windows 64bit OSにも対応した「HP xw8600 Workstation」である。同社ソリューションのうち、新たにクアッドコア対応となるラインナップには次のようなものがある。

 (1)放射線治療計画システム「XiO」
大学病院や地域中核病院などの、放射線治療を実施する施設に多く導入されている同社の主力製品。線量計算や輪郭描出などの機能を備え、総合的な治療計画が作成できる。高度な線量計算アルゴリズムを多数搭載し、IMRTの計画作成機能も併せ持つ。インターフェースには構造化ウィンドウ・システムを採用し、作業環境に合わせたカスタマイズも可能。

また、同社製マルチモダリティフュージョンソフトウェアにより、CT・MRI・PETの画像をワンクリックで自動的にフュージョンさせることができる。マルチコアプロセッサ、マルチスレッドに対応(図1)。コア数の増加、さらにマルチスレッド処理により処理速度が向上。

さらにクアッドコアを搭載した「HP xw8600」の採用により、処理スピードはこれまでの倍以上になるという。
図1 「XiO」の処理速度比較
コア数の増加、さらにマルチスレッド処理により赤字のように処理速度が向上する。この処理速度比較では「HP xw8200」と「HP xw8400」を使用。さらにクアッドコアを搭載した「HP xw8600」の採用により、処理スピードはこれまでの倍以上になるという。
 (2)IMRT用治療計画システム「Monaco」(図2)
危険臓器を保護しながらターゲット臓器に対するより効果的な線量分布を模索するシステム。設定した条件がターゲットや危険臓器に及ぼす影響を相関的に検証できるので、従来のIMRTプランニングにおける試行錯誤のプロセスを軽減し、最適な治療計画の決定が容易になる。

また、最終線量計算にMonte Carloアルゴリズムを使用することで、より精確な線量分布の作成が可能になった。線量ベースのコスト関数に加え、「Monaco」用に開発された生物学的パラメータに基づいたコスト関数を計画条件とするため、臓器タイプに応じたボリュームエフェクトを考慮できる。
図2 Monaco
最終線量計算にMonte Carloアルゴリズムを使用することで、より精確な線量分布の作成が可能に。
 (3)四次元放射線治療計画支援ソリューション「Focal 4D」(図3)
CTの四次元データに対応し、呼吸の位相や臓器の動きを画像上で見ることが可能。従来のCTでは100枚程度の画像データを使用して放射線の照射位置を決定していたが、4DCTでは500枚程度の画像データを元に治療計画が立てられる。そのため、膨大な画像データを効率よく処理する画面レイアウトと画像選択ツールを持ち、放射線照射部位をより精確にプランできるよう設計されている。

四次元画像データに加え複数の輪郭データも表示可能で、輪郭作製を容易にする各種ツールが搭載されている。シネ画像上での輪郭作製も可能で、作製した臓器輪郭はフラクション間や別患者データセットにも活用できる。Windows 64bit OSの採用により、四次元データが必要とする大きなメモリ空間を確保できた。またビューイングの部分においても、クアッドコアが有効に機能している。
図3 Focal 4D
CTの四次元データに対応し、放射線照射部位のより精確なプランニングを可能にする。
 (4)「ABAS(Atlas-Based Auto Segmentation)」
放射線治療に必要な臓器の輪郭情報を、自動で導き出すソフトウェア。臓器の形状データを持たせたAtlasベースのツールと、各スライス間でターゲットの変形を追尾して自動で輪郭を取得するツールの、2つの自動輪郭抽出機能が開発されている。

 HP社製製品を採用するCMSソリューション

CMSでは上記のクアッドコアに対応する製品以外にも、全ソリューションにHPハードウェアを採用しており、放射線治療のための次のようなソリューションも提供している。
 (1)放射線治療計画システム「CMS.Direct」
独立して存在する「XiO」や「Focal 4D」を高速ネットワークで接続し、クライアントPCから自由に操作できるネットワークソリューション。治療計画データの一括管理や治療データの共有、院内外からのリモートアクセスなどが可能で、一般的なWindowsアプリケーションも使用できるため、業務効率の向上を実現する。主に大学病院など大規模病院で導入実績を持つ。ここではHP製のサーバが採用されている。

 (2)前立腺がんシード治療支援システム「Interplant」
治療計画作成機能と術後評価機能に加えて、シード留置ナビゲーション機能を有する。シードを目的位置まで正しく導くために刺入ニードルをナビゲートする「ガイダンス機能」、シード治療に用いられる術前計画法と術中計画法のどちらにも対応する「プランニング機能」、シード留置の術後評価を行うための「ポストアナリシス機能」を搭載。全ての機能は連携して動作する。

 大盛況の「XiO」トレーニング(図4)

CMSは社内にトレーニングセンターを設け、「XiO」トレーニングを開催している。放射線治療計画システムに特化したトレーニング専用施設の設置は、同業界でも他に類を見ない。

図4 トレーニングセンター
社内に設けられたトレーニングセンター。ここで「XiO」トレーニングが開催されている。放射線治療計画システムに特化したトレーニング専用施設の設置は、同業界でも他に類を見ない。「放射線治療は今後ますます高度化していくことが予想され、それに合わせて治療計画システムも高精度な治療計画を立案できるように変貌を遂げてきております。より高度でより安全な放射線治療を提供するためにも、治療計画システムを正しく使いこなすこと、品質管理を確実に実施することが、これまで以上に臨床現場に求められています。

しかし、現場の放射線治療医は多忙なため、まとめて学習のための時間を取ることができないのが現状です。また、学会などで講演を聴く機会はあっても、具体的に製品だけに特化した学習を受ける機会はなかなかありません。

そこで弊社では、教育という点にも力を入れ、専用のトレーニングセンターに『XiO』搭載の端末を11台設置し、『XiO』に特化したトレーニングを開催しております。受講日程はコースにより2日または3日間で、ユーザの皆様からの需要も非常に高く北海道から沖縄まで全国から申込があり、平日の開催でも満席になってしまうほどです」と香坂氏は語る。

トレーニングは「集中して勉強ができる」「ゆっくりと時間を使うことができる」と参加者からも好評を博しているという。「Monaco」や「Focal 4D」のトレーニングも準備中とのこと。

 HP WSを採用する理由

放射線治療計画の作成・検証において、計算のスピードと精確性は患者の命に関わる重大な要素だ。そこにはソフトウェアの性能のみならず、使用するWSにも高度な処理能力が求められる。CMSのソリューションになぜHP WSを採用したのか。その理由を香坂氏に尋ねた。
「HP WSはマルチコアプロセッサへの対応や、64bit OSをプラットフォームとして採用するなど、最先端の技術に迅速に対応しており、ソフトウェアの性能を十分発揮できることが採用理由の1つです」。

また同氏は、HPがワールドワイドで製品・サポートを提供するグローバルベンダーであることも採用理由に挙げた。「弊社の製品は米国で開発されており、米国でも日本でも同じコンフィギュレーションで供給を受けられることは非常に重要です。また、米国での製品開発の段階でHPと連携し、最新のハードウェアテクノロジーをいち早くソフトウェア開発に反映できるというメリットもあります」。

HPが20年以上WSを専門に開発製造してきた信頼性も大きな要素だという。「他社では民生パーツを使用していることもあり、パーツのサイクルが非常に早く、予期しないパーツ変更があります。その点HP WSは専用パーツを使用しているため、突然のパーツ変更などもなく、プロ用のマシンであるという安心感があります。また、動作が安定していて、耐久性にも優れているため、ユーザからのクレームなどもなく、安心してご使用いただいております」。

 CMSの今後のビジネス展開

放射線治療計画システムで世界をリードするCMSの今後を、香坂氏は次のように語る。
「様々な治療機器メーカーとの接続やデータの提供ができる『ベンダーニュートラル』な製品をこれからも提供していきます。またワールドワイドレベルでの製品展開を目指しております。日本では、製品のリリース時期やデリバリーが遅れるといった状況がよく起こりますが、諸外国のリリースに遅れることなく、日本でも最先端の製品を提供していく考えです」。

 同社のコンセプトは、「スループットやワークフローのスピードアップ」と「臨床での有効性の向上」であると語る同氏。
「今後も、放射線治療医の仕事を軽減し、一人でも多くの需要に応えることができる製品の提供を目指します。そのためには、ソフトウェア技術の向上だけでは限界があり、ハードウェアにもよりハイスペックな性能が求められます。HP WSを採用していることで、『スピードアップ』の部分に対応することができます。
また、臨床においてより厳密なデータを提供するために、カスタマーサポートにも注力しております。今年度から、物理学を専門に取り扱う物理部のスタッフを増員いたしました。線量計算や物理式など専門的な部分で、現場の放射線治療医をサポートしていきます。

今後、益々高まるIMRTの需要に対しては、『XiO』の大幅なスピードアップと、IMRTに特化した製品である『Monaco』によって、患者様、ユーザの皆様の期待に応えていきたいと考えております」。

 バージョンアップのお奨め

CMSは、顧客のシステム環境向上のために、今後も様々な機会にソフトおよびハードの更新を提案してまいります。CMSの高機能ソフトウェアと、その機能を活かしきる日本HPのxw8600への移行を、どうぞご検討ください。

シー・エム・エス・ジャパン株式会社 Company Profile
シー・エム・エス・ジャパン株式会社
2000年10月に米国CMS,Inc.の日本法人として設立。CMS,Inc.は放射線治療計画システムのパイオニア。この領域では、一番長い歴史と多数の専門家を有している。アメリカ・ヨーロッパ・日本・中国・オーストラリアにオフィスを置き、世界で1,500を超える施設に導入実績がある。
CMSジャパンは高品質の製品と、導入後のトレーニングやカスタマーサポートの提供、さらに原体照射をはじめとする日本独自の治療技術を世界に紹介することを通じて、日本の放射線治療に貢献していく。
URL: http://www.cms-japan.com
設立 : 2000年10月3日2000年10月3日
本社所在地: 東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
 
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡