Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス

「HP xw4550/CT Workstation」
座談会 1/3

日本AMD株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社

 

Workstations

新着情報

お得なキャンペーン
製品導入事例
カタログ
マニュアル
コンテンツに進む 「HP xw4550/CT Workstation」座談会ヘッダー
日本HPが積極的に推進する「プロ・クオリティ戦略」にもとづくワークステーションの人気製品群。常に「ソリューション」「テクノロジ」「価格」と3つの側面から製品競争力を強化した最新テクノロジ搭載のパーソナルワークステーション製品をいち早く市場に投入しています。昨年10月に登場した、デュアルコアAMD Opteron搭載の「HP xw4550/CT Workstation(以下「xw4550」と する)」」は、専用設計、専用サポートグラフィックスや最適化ツール、熱対策などプロユーザーを想定した製品設計を採用し、システムの安定性と省電力化によるコスト削減を実現したまさに「プロ・クオリティ」製品に、さらにエントリーモデルとして手にしていただける大変高いコストパフォーマンスを追求したモデルです。今回は、「プロのためのプロ製品をぜひ、個人、SOHOレベルのユーザに手にしていただきたい」との思いを抱くHPワークステーション担当者およびAMD担当者が集まり、「xw4550」の魅力について語り合いました。
HPとAMD、タッグを組んだ
理由とは?
PCではなくワークステーションだからこその価値
信頼性の高い製品をロングライフで提供できる秘密
環境にも配慮したエコ設計
ワークステーションは敷居が高いと考えているお客様に
ワークステーションをもっと
身近に
まとめ
Skinitとは
 
日本ヒューレット・パッカード株式会社
パーソナルシステムズ事業統括
ワークステーションビジネス本部
ワークステーション・マーケティング部
製品マーケティング
中山智之氏 日本ヒューレット・パッカード株式会社
パーソナルシステムズ事業統括
ワークステーションビジネス本部
ワークステーション・マーケティング部
製品マーケティング
園田 龍氏 日本AMD株式会社 (右)
エンタープライズビジネスデベロップメント本部グローバルビジネス開発部
グローバルOEMアライアンスマネージャー
林 淳二氏

HPとAMD、タッグを組んだ理由とは?

HPとAMD、タッグを組んだ理由とは?

--日本HP(中山)
「HPとAMDとのお付き合いが始まったのは、約3年前、「HP xw9300 Workstation」でのAMD Opteronプロセッサ搭載からですね。“xw9300”は、私どものワークステーション製品群の中でも、特にグラフィック性能に優れた最上位機種として位置づけたもので、AMD Opteronプロセッサの高信頼性とハイパフォーマンスで大好評を得てきたモデルです。Opteronは、非常に優れたアーキテクチャであり、その性能において他社を圧倒していました。大規模解析や医療画像の高速描画、またCGやノンリニア編集などデジタルコンテンツ向けのレンダリングなどの用途で、固定ファンが多く、ワールドワイドでの出荷台数も急増し、この機種は、現在でも出荷を続けています」

--AMD(林)
「はい。HP製品全体としては、最初にデスクトップ製品に採用され、ワールドワイドの展開をして頂き、それから長い期間お付き合いさせて頂いております。Opteron製品に関しては、HPのサーバ製品からワークステーション製品まで、幅広い製品群で採用頂きました。これはHPとのパートナーシップが強かったからだと考えます。このタッグのお陰で、Opteron搭載のワークステーションは、学術系の分野や企業で信頼性を獲得することができました」

--日本HP(中山)
「当時HPは、DreamWorksに対してAMDとジョイントを行い、協調して技術提供を行ったりしましたね。それによってノウハウの蓄積や、その後の製品展開に関しての必要な情報を得ることができた。そういったバックグラウンドがあったからこそ、良好な関係が続いているのだと思います。そして、昨年新製品として水冷システムを装備し、静音性を追求した「xw9400」がリリースされたわけです。その一方で、お客様の中からOpteron製品をクライアントとして使いたい、ハイエンドの計算マシンとしてではなく、安価なワークステーションが欲しいという要望が、特にヨーロッパ圏から湧き上がっていました。実はxw4550の前のプロトタイプ的な製品を、中国や東南アジアなどアジアパシフィックだけで一昨年販売したところ、高い評価を得ることができました。そこで、昨年、ワールドワイドで販売するHPパーソナルワークステーションのエントリーモデルとしてxw4550がリリースされ、現在に至ったという経緯があります」

▲PAGE TOP

PCではなくワークステーションだからこその価値

PCではなくワークステーションだからこその価値

--AMD(林)
「フラッグシップモデルとしてxw9400に採用頂き、Opteron製品のブランドが市場で評価されたことは、AMDにとっても大変意義のあるものでした。今回のxw4550によって、より多くの方々にお使い頂けるようになったのは、非常に嬉しいです。ところでxw4550は、かなり敷居を下げた価格帯となっていますが、製品ご担当者としてのイチ押しポイントをと言われたらどう答えられますか?」

--日本HP(園田)
「とにかくもエントリーモデルながら、“これはPCではなくワークステーションです“というところです。ワークステーション事業部が独立して、設計から開発までを行っており、より高負荷な環境が求められることを考慮して、こだわりを持って設計しています。これまでのHPワークステーションで培ったノウハウは、しっかりと継承されています。表計算や図面処理など負荷のかかりやすいアプリケーションを仕事としてお使いの個人、SOHOの方々にぜひその違いを知っていただきたいと考えています」

--日本HP(中山)
「ワークステーションならではということで、加えてお話しますと、HPでは信頼性確保のために、長年に渡りアプリケーションベンダーと協調して動作検証を行っています。ワークステーションで主に使われているメジャーアプリケーションとしては、AutodeskやSolidWorksなど、また、3DCADを扱うソフトウェアベンダーのほとんどの検証をしています。デジタルコンテンツクリエーション(DCC)分野では、アニメーションを扱うソフトウェア、MAYAやSOFTIMAGE、3D Studioなどの検証を行ない、信頼性を確保しています。xw4550に関しても、HPでは他のワークステーションと同じ検証体制が、ワールドワイドで整えられています。これがHPのワークステーションが、ソフトウェアベンダーから好評を博している理由でもあります」

--日本HP(園田)
「また、サポートの面では、ワークステーションでもPCと同様に、標準で3年間、翌日のオンサイトサポート、訪問修理を提供していますが、PCと異なるのは、サポートを専門のエンジニアが担当し、さらに高いレベルのサポートを直接受けられるというところにあります」

--日本HP(中山)
「サポートに関しては、HPでは日本国内企業からの要求レベルが非常に高いこともあって、独自の体制を取っています。最近のPCベンダーは、サポートセンターを中国に設置することが多くなっていますが、我々は、ワークステーションのコールセンター窓口を都内に設置しています。フロントに立つエンジニアが平均3年、それをバックでサポートする者は、平均4年といった経験を積んだスタッフたちにより、厚いサポート体制を敷いています。このように、ハイエンド製品だけではなく、xw4550のような10万円を切る価格帯の製品でも、充実したサポートを享受できるというメリットは大きいと思います」

--日本HP(園田)
「国内にこだわると言えば、製品生産そのものも国内生産にこだわっています。ここ数年の傾向として、日本で販売される製品の多くが、生産過程の拠点を海外へと移行していますが、HPは消費者ニーズにあった製品づくりをという視点で国内に生産拠点を置いています。独自の製造プロセスをとることで、海外生産品の負けないコスト削減も実現していますし、きめ細かな品質管理やフィードバックの早さも自信を持って製品をご提供できる理由の一つとなっています」

▲PAGE TOP

信頼性の高い製品をロングライフで提供できる秘密

信頼性の高い製品をロングライフで提供できる秘密

--日本HP(園田)
「ワークステーションを業務で使用するユーザは、高い信頼性とロングライフ製品を望みます。しかし、製品をリリースするには、徹底した検証を行わなければなりません。検証作業には膨大な時間が必要とされますが、リリース前の検証作業が終わると、その製品の製品寿命の半分位が終わっているということにもなりかねない。弊社パーソナルワークステーションで、高性能でありながら、長く使って頂けるメリットをご提供できるのは、AMDの優れたアーキテクチャのお陰であると考えています」

--日本HP(中山)
「半年以上を検証期間に費やされることを考えると、ライフサイクルは非常に重要な問題です。ホワイトボックスを自作されるユーザからは、新機能や新しいアーキテクチャのより早い搭載を望む多くの意見が寄せられますが、AMDは、短命の製品の開発を可能な限り控える傾向にあると感じています。PCとの違いにもなると認識していますが、そのあたり、いかがでしょうか」

--AMD(林)
「ありがとうございます。ご指摘の通りAMDでは、ロングライフを確保し、安定性やスケーラビリティを保ちながら、かつ高速化を実現に向けて製品開発を行っています。AMD製品の特長としては、お客様に長くご利用頂くために、さまざまな形で、多くのテクノロジが搭載されていることが挙げられるでしょう。たとえば、ソケットの新旧世代のコンパチビリティの確保といったように、常に長期的なライフサイクルを考えています。特に、ワークステーションユーザにとっては非常に有効であると言えます」

▲PAGE TOP

| 1 | 2 | 3 | 次のページへ
AMD、AMD Arrowロゴ、AMD Opteronならびにその組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡