インク&メディア - HP Indigoデジタル印刷機

 

エレクトロインキとメディアの
多様性がもたらす無限の可能性

HP Indigoデジタルカラー印刷テクノロジーにより、印刷会社は注目を集め、
その顧客は無限の可能性を体験できます。1>1 最高の印刷品質、広範囲な
色域、収益性の高い印刷アプリケーションにより、顧客からの特別な依頼
でもオンデマンドで制作可能です。

HP Indigo エレクトロインキで卓越した印刷を提供

HP Indigoテクノロジーは、技術的にも成果物においてもオフセットプロセスを踏襲しています。

広範囲なオンプレスの色域

デジタル印刷で唯一のPANTONE®ライセンスによる6色または7色のオンプレスソリューションにより、非常に精度の高いPANTONE®エミュレーション機能を実現します。 オンプレスで作り出されるので、より高い価値と差別化を容易に提供できます。

オフプレスのカラーミキシング

印刷機の外でのカラーミキシングにより、スポットカラーを提供し、正確なブランドカラーマッチングを実現します。 HP IndiChromeオフプレスソリューションにより、PANTONERカラーの最大97%をカバーします。

特殊インクがもたらす競争力優位性

HP Indigoの特殊インクは、お客様、およびお客様の顧客を際立たせる、
影響の大きな独自プロジェクトの実行を支援します。
ホワイトインクを使用したユニークなアプリケーションから、目を引く光沢効果まで、
HP Indigoの特殊インクで印刷物を際立たせることができます。

特殊印刷効果

多様な特殊効果を用いて、価値の高いユニークなアプリケーションを
デジタル印刷機一台で、オンデマンドで提供することができます。

エンボス効果

HP Indigoエレクトロインキを印刷機内で幾層にも重ね印刷し凸版を作り、用紙を通すことでエンボス加工を施します。高価値の招待状、名刺、ブックカバーなどが制作できます。

隆起印刷

HP Indigo エレクトロインキの透明インキを可変で幾層にも重ね印刷する隆起印刷効果。目を引く印象的なのデザインを顧客に提案できます。

3,000種類の認証用紙で製品ポートフォリオを拡大

業界で最も幅広いメディアの多様性により、あらゆる顧客のニーズにも応えます。
暗色、透明、リサイクル用紙、その他の環境基準を満たす素材への印刷から、
合成素材、板紙まで、HP Indigoは顧客のニーズに対応できます。

用紙の使用方法は印刷機ごとに異なるため、仕様をチェックして用紙の互換性を
ご確認ください。

HP Indigoユーザ向けのHPメディアソリューションは、
My HP Indigoお客様サイトから入手できます。

3,000種類の認証用紙で製品ポートフォリオを拡大

HP Indigoデジタル印刷機に関するその他の情報

安心のサービス

安心のサービス

HP Indigoが提供する先進的なサービスとサポートは、生産性と稼働率を高めて最高品質の印刷を実現します。

HP Indigoサービスの詳細を見る

HP Indigoと環境

HP Indigoと環境

HP Indigoは、デジタルオンデマンド印刷の環境面におけるすべての利点をもたらします。

HP Indigoと環境の詳細を見る

    ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。 ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
 close  
close