検索

“ 新しいHP Indigo印刷機はどの機種もカラー、スピード、一貫性の面で向上しており、優れたサポートも提供されるため、HP製品を使い続けることはすぐに決断できました。”

− Quality Tape&Label社、副社長、Rob Daniels氏

Quality Tape&Label社:メインイメージ

QTL社、HP Indigoデジタル印刷テクノロジーにより、ビジネスを拡大し、ラベル印刷の新しいチャンスを切り開く

課題

課題

デジタル印刷機能を拡大して、急増するニーズに対応する。

新しいラベルのデザインと生産を可能にして、競争の厳しい市場で利用客が成功を収めることができるよう支援する。

多様性を拡大して、折りたたみ式段ボールやシュリンクスリーブなど、デジタル印刷の新しい用途に対応できるようにする。

利益を失うことなく、価格に柔軟に対応する。

ソリューション

ソリューション

旧式のHP Indigo印刷機の代わりに、インラインプライミングユニット搭載のHP Indigo WS6600デジタル印刷機を導入し、デジタル印刷機能を拡大して、印刷部数を増やすことも可能となりました。

HP SmartStream Designerにより、増大している可変データ印刷(VDP)にも対応できます。

成果

Quality Tape&Label社:成果

QTL社の売上は、過去5年間、順調に増えてきており、HP Indigo印刷機を使用したデジタル印刷業務はその増大の70%を占めていました。

QTL社は、1日を12時間ずつ分けた2つのシフトから、8時間のシフトのみに変更し、これによって利益率が15〜25%高まりました。

HP Indigo WS6600デジタル印刷機の生産強化モード (EPM) により、プリント品質に影響することなく、さらに競争力の高い価格設定と利益率の向上が可能となりました。

HP Indigo WS6600のインラインプライミングユニット (ILP) により、扱えるメディアの種類が増え、在庫管理が容易になり、フレキソ印刷のプライミングが不要になることで利益率が高まりました。

Quality Tape&Label社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:721KB)

HP Indigoデジタル印刷機についての詳細を発見

多くの顧客事例

多くの顧客事例

お客様は効率的に顧客が期待する
品質を生成するために、
HP Indigoのソリューションを
活用しています。
その結果、顧客満足度の高い品質を
提供しています。

国内導入事例を見る

海外導入事例を見る

アプリケーション

HP Indigoの
アプリケーション

パーソナライズされたマーケティング用チラシから季節ごとのラベルまで、HP Indigoの製品群はお客様の多様な生産ニーズ、そしてお客様の顧客からの需要の変化にも対応する高い性能を備えています。

HP Indigoアプリケーションの詳細

    ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 ※AMD、AMD Arrowロゴ、Radeon、およびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。 ※本ページに掲載されるダイレクト価格には配送料は含まれておりません。ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。 ※本ページに掲載されるダイレクト価格には消費税は含まれておりません。ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。 ※本ページに掲載されるダイレクト価格は、カスタマイズ内容によって価格が異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
close