日本HPは、2017年11月17日、プレミアムPC新製品を発表した。新製品は、法人向けコンバーチブルPC「HP EliteBook x360 1020 G2」、オールインワンPC「HP EliteOne 1000 G1 AiO」、デタッチャブル型ワークステーション「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」、個人向けノートPCのフラッグシップブランド「Spectre(スペクトル)」の「HP Spectre 13」と「HP Spectre x360」である。製品デザインの責任者が来日し説明するという、またとない機会となったプレミアムPC新製品発表会に潜入し、その特長を紹介する。

●デザインにも力を入れるようになったHP


日本HP 代表取締役
社長執行役員 岡隆史氏

 

新製品発表会の冒頭、日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏が登壇し、HPのビジョン「Keep Reinventing」を紹介。1939年の創業以来、HPは革新的なテクノロジーで人々の生活を豊かにしながら進化し続けていることなどを話した。


そして近年、HPのPCが市場で注目を集めているのが、デザイン面での変化だ。それまで機能性を全面に押し出してきたHPのPCがスタイリッシュなデザインを取り入れ、大きな変貌を遂げている。岡氏はすべての製品に共通して言えることとして、「製品を手にしたときの喜び、所有する喜びの入口となるのがデザインです」と話し、HPがテクノロジーだけではなくデザインにも力を入れていることを強調した。

●HPのデザイン哲学は「PHI(ファイ)」


HP パーソナルシステムズ
インダストリアルデザイン担当
バイスプレジデント ステイシー・ウルフ氏

 

続いて、HPがデザインに注力している背景と新製品のデザイン的な特長について、HP パーソナルシステムズ インダストリアルデザイン担当 バイスプレジデント ステイシー・ウルフ氏が解説した。


今から約4年前、HPはデザインを変えるために組織的な改革をスタート。
世界11カ国のスタッフが参加するデザインチームでプロジェクトをリードするウルフ氏は、「これまでの仕事の中で、最も難しいものだった」と振り返りながら述べた。


最終的にまとめられたデザイン哲学が、テクノロジーで「Progressive(革新的)」であること、一貫性やまとまることで効果を出す「Harmonious(調和)」があり、また記憶に残る「Iconic(象徴的)」であること。さらにこれらの頭文字を並べた「PHI(ファイ)」は美しい構図を描くことができる黄金比も表すことから、HPのデザイン哲学を「PHI(ファイ)」として推進してきた。

●デザインと機能性を高い次元で融合したオールインワンPC

このデザイン哲学のもと、HPのPCは美しいデザインをまとうこととなった。ウルフ氏は今回発表されたオールインワンPC 「HP EliteOne 1000 G1 AiO(34インチ)」を示して、「オフィスではなくて居間のテーブルに置きたくなる美しさでしょう」と、デザインに対して高い自信を見せる。


同製品は横長の曲面モニター(27インチは平面モニター)で、ケーブル類はすっきり隠され、PCの音量コントロールやコミュニケーションツールは台座の表面でタッチ操作する。PCの機能や操作性を持ちながらスタイリッシュなデザインになっている。PC本体は台座部分に収められ、各種インターフェースや指紋認証は台座側面に。また、テレビ会議などで活躍するカメラはモニター上部に簡単に収納できるなど、操作性とセキュリティが両立され、PC本体は台座部分に収められてモニターと切り離すこともできるので保守もしやすいなど機能性にもこだわった製品だ。



各種インターフェースや指紋認証は台座側面に

 

テレビ会議で使うカメラは上部に収納可能で、
ダイヤルでアングルを調整可能


●ノートPCは美しさと機能性、セキュリティにも配慮

HPのデザインは全体を通じてトレンド的な美観だけではなく高級感も意識しているという。個人向けプレミアムノートPC「HP Spectre」を手に取ったウルフ氏は、「ただの銀の箱にしたくなかった」と、アルミニウム削り出しや表面の仕上げもこだわり、美しさと強度を両立したことを説明する。以前のHPノートPCといえば角張っていたが、HP Spectreは丸くなめらかなフォルムで優しい印象。またこれまで一部の法人向けPCのみに実装されていた、のぞき見防止機能がプライバシーモード(HP SureView)として、個人向けノートPCにも搭載されるなど、プレミアム感の高い新モデルに進化した。


ウルフ氏は、このようにHPのPCデザインを大きく洗練させたことで「驚くべき進歩を遂げた」と興奮気味に話す。例えば著名なデザイン賞を受賞したり、ファッション雑誌でもおしゃれなシーンに似合うパソコンとして取りあげられたりするようになり、デザインがHPのPCのイメージを変えただけではなく、売上にも貢献したという。

 

ノートPCは高級感と機能性を徹底した

●パソコンからオフィスや働き方をreinventingしていく


日本HP 専務執行役員
パーソナルシステムズ事業統括
九嶋俊一氏

 

続いて登壇した、日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括 九嶋俊一氏は、今回発表された製品群について紹介した。


法人向けPCでは、世界最薄・最軽量のビジネスコンバーチブル「HP EliteBook x360 1020 G2」、プレミアムオールインワン「HP EliteOne 1000 G1 AiO」(27インチと34インチ)、世界で最もパワフルなデタッチャブルワークステーション「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」、高コストパフォーマンスなモバイルPC「HP ProBook 430 G5 Notebook PC」。個人向けでは、世界最薄プレミアムタッチモバイルPC「HP Spectre 13」。プレミアムコンバーチブルPC「HP Spectre x360」にはアッシュブラックとナチュラルシルバーのほか、今冬限定カラーローズゴールドも提供。


九嶋氏は「法人向けPCでは、働く現場で使うことを想定して、デザイン、コラボレーション、セキュリティの3側面を特長としています」と強化ポイントを説明した。


デザインについては、今回の発表会で紹介されたように近年大きく強化された点だ。デザインといえば、美観、薄さ、軽さ、明るさ(高輝度)などがあるが、法人向けPCに、HPらしく米軍調達基準の堅牢性も保持しているのが特長となる。


コラボレーションについては、マイクロソフトの「Skype for Business」との連携強化、そして高級オーディオブランド「Bang & Olufsen」との協業で生まれたサウンドシステムを搭載することで、上質なサウンドを提供。これにより、テレカンファレンスなどでストレスのないコラボレーションを実現する。


セキュリティについては、今まで一部の機種に搭載されていたのぞき見防止機能(HP SureView)搭載モデルを増やし、業界初のBIOS自己修復機能「HP Sure Start Gen3」、データ/デバイス/ID(顔認証や指紋リーダーなど)を保護する「HP Client Security Suite Gen3」を無償で提供するなど、HP独自のセキュリティ機能により、多層的な防御で機能強化を図っている。


では、法人向けPCについて製品ごとの特長を見ていこう。


「HP EliteBook x360 1020 G2」は薄さ13.9mm、重量は1.13kgでビジネスコンバーチブルとして世界最薄・最軽量を実現。ノートPCやタブレットの他にもさまざまなモードで利用できる。ディスプレイは12.5インチのマルチタッチ対応で700nit(cd/m2)と、高輝度でスマートフォンを見ているような明るさだ。内蔵プライバシースクリーン機能「HP Sure View」を搭載し、セキュリティ面でも強化されている。オプションで、さまざまな周辺機器との接続に対応するドック「HP USB-C Mini Dock」や、大容量モバイルバッテリー「HP USB-C Notebook Power Bank」(12月下旬発売予定)が提供されるので、用途に合わせて提案して欲しい。


プレミアムオールインワン「HP EliteOne 1000 G1 AiO」は家電のような美観を持ち、オフィスでもカッコイイPCとして評判になるであろう製品だ。コラボレーションでの強化ポイントは、ディスプレイ台座部に配置されたタッチキー。キーを押すことでマイクロソフトのWeb会議サービス「Skype for Business」と連携し、会議への参加、通話、音量の操作が可能だ。


両製品とも、HP独自の新機能「HP PhoneWise」がインストールされ、スマートフォンとワイヤレスでペアリングを行うことで、電話の受発信やチャットの送受信をPC上で行うことが可能となる(iOS/Android対応)。


新しく法人向けスタンダードノートPC「HP ProBook」シリーズに加わった、高コストパフォーマンスなモバイルPC「HP ProBook 430 G5 Notebook PC」は、LTEモジュールを内蔵し快適な通信環境をサポートする。さらにHDMIやUSB Type-Cなど豊富なポート類を備えているため、幅広く様々な用途に対応することが可能だ。


今回、ワークステーションとして初のデタッチャブルワークステーション「HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation」が発表された。モニター部分はマルチモードで、タッチ操作だけではなくペン入力ももちろん可能だ。キーボードはBluetooth対応なので液晶モニターからとりはずした状態でも入力ができる。4K UHD非光沢マルチタッチ対応ディスプレイ(Adobe RGBカバー率100%)で、画像処理や図面作成に有効だ。またこうした作業をノートPCでできるとなると、オフィスの外でも仕事を続行する可能性が広がるだろう。モバイルワークステーションといえば、パフォーマンスに不安を持つパートナーもいるかもしれないが、デュアルコアまたはクアッドコアのインテル Core プロセッサーと、NVIDIA Quadro Graphicsを搭載することで、高負荷のワークロードにも不安がない。堅牢性と高級感を両立し、高性能なペンやパネルで画像処理や設計などの業務に向く。


 

液晶モニター部分はスタンド付きなので
立てて使うこともできる

 

各種インターフェースポート
により拡張性も高い


これらの新製品群を紹介した九嶋氏は、「今後もHPは、PCからオフィスや働き方の『reinventing』を目指していく」と締めくり、新製品への期待と今後の抱負を語った。


デザインならびに機能が強化されたHPプレミアムPCは、世界中で注目を集め、セールスも好調だ。特に、デザイン、コラボレーション、セキュリティの3分野について一層強化された新製品群は、これからの年度末に向けて強みを発揮するに違いない。ぜひHPプレミアムPCを武器に事業拡大を図っていって欲しい。



今回発表された新製品

 

【法人向け】

HP EliteBook x360 1020 G2

HP EliteOne 1000 G1 AiO(27インチ)

HP EliteOne 1000 G1 AiO(34インチ)

HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation

HP ProBook 430 G5

【個人向け】

HP Spectre 13

HP Spectre x360

HP Spectre x360 Special Edition

 

日本HP Partner News 2017年12月19日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。