個人のお客様向け

プログラミング教育必修化でパソコン教育時代がやってくる パソコンで学びが変わる 子ども向けパソコン特集

授業や入試でパソコンの能力が必須になるのはもちろんのこと、世界で活躍するためには、パソコン教育はとても重要です!
パソコンでお子様の「学び」が変わる! お子様の学力アップにつながる!
パソコンを安全に使用するためのセキュリティなど、おすすめのパソコンをご紹介します。

※本キャンペーンはキャンペーン期間中であっても予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。

日本と世界の教育における
パソコン事情

日本では

  • 2020年から始まる小学校でのプログラミング授業必修化
  • 2024年に実施されるパソコンを使った大学入試
  • 2025年に向けて政府が推し進めているIT人材100万人育成計画など、近い将来子どもとパソコンを取り巻く環境は大きく変化していきます。
授業風景

世界と比べると

日本の子どもたちへのパソコン普及率は諸外国と比べても低い

13~15歳のノートパソコン所有率

13~15歳のノートパソコン所有率

お子様のパソコンに必要な
「安心」と「安全」を 簡単に設定できます。

有害サイトの閲覧や有料サイトへの課金、使用時間の管理など、
お子様のパソコンを制御する「ファミリー機能」をご紹介します。

  1. アクセス制限

    有害サイトへのアクセスを制限できます。

    「ファミリー機能」の「フィルタリング機能」を使えば、お子様が有害なサイトにアクセスするのを防ぐことができます。また制限のレベルやコンテンツのカテゴリー別に制限をかけるなど、より細かな設定も可能です。

  2. アプリとゲームを制限

    使えるアプリとゲームを制限できます。

    「ファミリー機能」を使えば、アプリやゲームへのアクセスを制限したり、特定のアプリやゲームの利用を禁止することができます。またクレジットカード番号の入力の際に暗証番号を設定しておけば、不用意にお子様が課金できなくなります。

  3. 使用時間を制限

    パソコンの使用時間を制限できます。

    お子様がバーチャルの世界で時間を費やしすぎないように、使用時間を制限することができます。方法は2つ。パソコンを使用できる時間帯を設定する方法と、パソコンを1日何時間まで使用できるかを決める最大時間数を設定する方法です。たとえば平日は1日2時間までに制限し、週末はもっと長く使えるようにすることも可能です。

ページの先頭へ