日本HPでの働き方

 

会社情報

日本HPの会社情報はこちら

キャリアと評価制度

キャリアの考え方:Career Self Reliance(キャリア・セルフ・リライアンス)

HPでは「キャリアは自分で責任を持って考え、上司はそれをサポートし、会社は必要な環境を与える」という文化が根付いています。社内公募制度も整っており、イントラネットには日本国内だけに留まらず、世界各国の空きポジションがリアルタイムで掲載されています。実際に毎年多くの社員が国内・国外のポジション問わず社内公募制度にチャレンジして異動しており、思い描くキャリアパスを実現しています。

HPの評価制度:Annual Review Cycle(アニュアル・レビュー・サイクル)

キャリア開発を促進するための基本的な仕組みとして、「アニュアル・レビュー・サイクル」があります。マネージャーと部下は日常的なコミュニケーションに加え、年間を通じて定期的に面談を行い、1年を通して何を達成したかだけではなく、どのようにして達成したかについてもフォーカスして評価するプロセスです。

個人の目標設定:Growth Mindset(グロース・マインドセット)

HPでは「グロース・マインドセット」(才能は開発されるものであり、現状で満足せず、挑戦し続けることで人は成長するという考え方)に基づいて個人のゴールを設定します。どのような状況下でも決して諦めることなく、挑戦することは成長する機会だと捉え、結果だけでなく、挑戦から得られた学びにも焦点をあてることで、社員の成長を促します。

HPの研修制度

HPでは様々なトレーニングを提供しています。オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)に加え、24時間全社員がアクセス可能なオンライントレーニングツール、製品トレーニング、各種勉強会やセミナー、メンタリング制度、無料英語学習ツールを提供し、社員のキャリアとスキル開発を多角的に支援します。

柔軟な働き方を推進する各種勤務制度

フリーアドレス制とフレックスワークプレイス制度

社会に先駆け、日本HPは固定席を持たない「フリーアドレス制」を2001年に導入しました。さらにはモバイルコンピューティングを活用し、社員の能力を最大限引き出すために、時間や場所にとらわれずに自由に働くことが出来る「フレックスワークプレイス」を2007年に導入し、最大週4日までに取得可能に。各自の自律性を尊重した働き方を推進し、社員のワークライフ・バランスの充実を図っています。

日本HPの柔軟な勤務体系

制度名 内容
フレックスタイム制度 その日の始業時刻と終業時刻について、コアタイム(11:00〜14:00 又は 10:00〜15:00)の前後で、本人が選択できる制度です。
フレックスワークプレイス制度 一日の就業の一部または全部を本来の勤務場所ではなく、自宅、実家において働くことを認める制度です。
みなし勤務制度 その日の実際の労働時間にかかわらず、その日はあらかじめ定めておいた時間労働したものとみなす制度で、営業職などの事業場外労働をしている場合や裁量労働制の社員に適用されます。

勤務条件

給与

見直し年1回、賞与、時間外勤務手当、通勤費全額支給

勤務時間(職種による)

● 所定就業時間:1日7時間30分(9:00〜17:30)
● 1ヶ月清算フレックスタイム制
● みなし勤務制

休日

週休2日制(土・日)、祝日、5月1日、年末年始

休暇

年次有給(17日*)、年間特別(6日)、
病気(20日)、慶弔、社会貢献、リフレッシュ、産前産後、子の看護など
*年次有給休暇付与日数は入社月ならびに在籍年数に応じて変動します。

福利厚生

社会保険、育児・介護休業、退職金(確定拠出年金)、生命保険、社員持株、EAPプログラム、宿泊費補助(健保)など

close