日頃からHP製品をご愛用いただき、まことにありがとうございます。
弊社は、HP製ノートブックPCおよびモバイルワークステーションに搭載されたバッテリパック、及び予備・交換用バッテリパックの一部において、発煙・発火に至る可能性があることから、当該バッテリパックの自主回収を実施しています。
この度、新たに、2015年12月から2018年4月に全世界で販売された一部のHPノートブック PC およびモバイルワークステーションに搭載していたバッテリパックの一部に、同様の危険の可能性があることが判明しました。そこで、2018年1月5日に告知済みの自主回収プログラムの対象範囲を拡大し、該当するバッテリパックを事故防止のため無償で交換いたします。弊社が2018年1月5日にお知らせした内容に基づき、回収対象外であることを確認されたお客様も今回の追加対象に該当している可能性がございますので、改めてご確認をお願いいたします。
お客様には多大なご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。

対象となるバッテリパック

  • ・2015年12月から2018年4月の間に、下表AのノートPCおよびモバイルワークステーション製品に同梱搭載して販売されたバッテリパックの一部
  • ・2015年12月から2018年12月の間に、下表A及び表BのノートPCおよびモバイルワークステーション製品に保守サポートで提供したバッテリパックの一部

※期間中に出荷、販売、提供されたものがすべて該当するわけではありません。
※2018年1月5日付けのご案内プログラムにてすでに交換用バッテリへの交換が完了されているお客様は、確認・交換の必要はございません。

対象製品

交換対象となるバッテリパックを搭載して販売された可能性がある国内販売製品は下記の通りです。
(表A)

HP ProBook 640 G2 HP Probook 645 G2 HP ProBook 650 G2 HP ZBook 17 G3
HP ZBook 17 G4 HP ZBook Studio G3    

交換対象のバッテリパックを保守サポートで修理交換した可能性がある国内販売製品は下記の通りです。
(表B)

HP ProBook 455 G4(追加機種) HP ProBook 470 G4(追加機種) HP ProBook 430 G5(追加機種) HP ProBook 450 G5(追加機種)
HP ProBook 470 G5
(追加機種)
HP ProBook 655 G2 HP ProBook 640 G3 HP Probook 645 G3
HP ProBook 650 G3 HP ProBook 655 G3 HP ZBook Studio G4 HP mt20 Mobile
Thin Client(追加機種)
HP Pavilion x360      

注意:
上記製品に搭載、または保守サポートで修理交換したバッテリパックのすべてが、この自主回収プログラムに該当するわけではありません。

全世界で対象となる製品一覧は、こちら をご確認ください。

確認とお申込み方法

専用ウェブサイト http://www.HP.com/go/batteryprogram2018 より、バッテリパックチェックツール(HP Battery Program Validation Utility)をダウンロードし、それぞれのPCにて実行いただくことで内蔵のバッテリパックが交換の対象となるかをご確認いただけます。
該当する場合は交換用バッテリお申し込みボタンが表示されますので、内容に従って、お手続きください。交換用バッテリパックおよびサービス担当者の訪問手配に関する手順書をご指定の住所までお送りします。
その後、サービス担当者がお客様の元へお伺いして新しいバッテリパックに交換いたします。対象のバッテリパックは、システムに内蔵されているため、お客様自身で交換頂くことはできません。ご自身では取り外さないでください。
パッテリパック交換までの間、お持ちの製品は「バッテリ安全モード」に設定し、常にACアダプターを接続してご利用いただく必要がございます。「バッテリ安全モード」への設定方法は、http://www.HP.com/go/batteryprogram2018 でご確認ください。
なお、専用ウェブサイトが英語で表示される場合には、サイト右上にあるプルダウンより「日本語」を選択していただくと日本語のご案内に切り替わります。

< 重要 >
弊社が2018年1月5日にお知らせした内容に基づき、回収対象外であることを確認されたお客様も今回の追加対象に該当しないかどうか、改めてご確認ください。
ただし、すでに自主交換プログラムにて交換用バッテリパックを受け取られ、ご使用中のお客様は今回の追加プログラムにて確認・交換の必要はありません。

本件に関する質問等がございましたら、「HPノートブックPC製品 バッテリパック自主回収プログラム窓口」までご連絡ください。

【 HPノートPC製品 バッテリパック自主回収プログラム窓口 】

電話番号 0120-589455
e-Mail jpn_mobile_battery@hp.com
受付時間 9:00〜17:00(1月18日から2月17日までは祝日を含み月曜日から日曜日、2月18日以降は土日、祝祭日を除く月曜日から金曜日)

「HPノートブックPC製品 バッテリパック自主回収プログラム窓口」でお客様からご提供いただく氏名、住所等の個人情報は、本自主回収プログラムの目的のためだけに利用します。お預かりする個人情報は、厳重な管理のもとに保管いたします。

< ご参考 : 2018年1月5日のご案内概要 >
日頃からHP製品をご愛用いただき、まことにありがとうございます。
2018年1月4日(日本時間1月5日)、弊社は、各国の関係機関の協力のもと、一部のノートブックPCおよびモバイルワークステーション用バッテリパックについて、全世界で安全性に関わる自主回収プログラムの実施を発表しました。対象は、2015年12月から2017年12月の間に以下の経路にて出荷、販売、提供された一部のバッテリパックです。

  • ・ノートPCおよびモバイルワークステーション製品に同梱搭載して出荷されたもの
  • ・保守サポートで提供した保守部品

※期間中に出荷、販売、提供されたものがすべて該当するわけではありません。

これらのバッテリパックは、過熱異常を起こすと発火、火傷等を生じさせる可能性があるため、対象の可能性があるノートブックPCおよびモバイルワークステーションをお使いいただいているお客様は、下記よりお手元のバッテリパックが本回収プログラムに該当していないか、ご確認くださいます様、お願いいたします。お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

注意:
この文書の情報に記載された製品やソフトウェアのバージョン等は適用開始日現在のものです。
予告なく内容が変更されることがありますのでご了承ください。

影響するプラットホーム HP ProBookノートブックPC、HP PavilionノートブックPC、 HP ZBook モバイルワークステーション、バッテリパック保守部品
影響するOS OSに依存しない
影響するサブシステム バッテリパック
影響するサードパーティ製品 なし
対応するSoftPaq なし
適用開始日 2019年1月18日(改訂)、2018年1月5日(初版)