【HPビジネスPC導入事例】
日本全国に、HP。- 宗像市

 
Content starts here
宗像市 都市戦略室

セキュリティで選んだHPコンバーチブルPCを
世界遺産PRの強化に活用する福岡県宗像市

都市戦略室 秘書政策課
広報・報道担当 主事
花田 愛さん

概要:宗像市(福岡県)
業種:公共サービス
面積:119.91km2
人口:97,037人(2017年7月末日現在)
URL:http://www.city.munakata.lg.jp/ 
導入機種:HP EliteBook x360 1030 G2

宗像大社沖津宮遙拝所を背景に

福岡県宗像市は玄界灘を臨む風光明媚な都市です。観光資源も豊富で、特に海上安全の守護神として祀られてきた宗像大社を中心とする史跡の数々は、このほどユネスコにより「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界文化遺産に登録されることになりました。これまで10年以上にわたるさまざまな活動が大きな実を結んだといえるでしょう。
その宗像市では、世界遺産登録を絶好の機会として、市の魅力を広く周知する広報活動により力を入れ始めています。そのためのキーデバイスとして採用したのが、世界でもっとも安全で、管理性にも優れたパソコンと謳われる「HP EliteBook x360 1030 G2」でした。
HP EliteBook x360 1030 G2」を活用して、広報業務に取り組んでいる花田愛さんにお話をお聞きしました。

外でも安心して仕事ができるから「HP EliteBook x360 1030 G2」を使っています

――普段はどのような仕事をされていますか。

宗像市で、広報紙の制作やSNSを活用した情報発信といった広報活動と、報道関連の対応を担当しています。宗像市には宗像大社を中心とした史跡や文化財が数多く残されており、これらを世界遺産として登録することがここ数年来のミッションとなっていました。これまでは、その登録活動を周知するための情報発信に取り組んできましたが、2017年7月にユネスコ世界文化遺産に正式に登録されました。

世界遺産をテーマにした地元TV局の番組制作に立ち会い、インタビューも受ける花田さん

外出先でも広報紙制作の進捗を確認、花田さん以外の人にはディスプレイは見えていないため安心

――仕事では「HP EliteBook x360 1030 G2」をどのように使っているのですか?

世界遺産の登録が決まってから、外出して人とお会いしたり、報道対応をする機会がとても増えています。同時に、これまでの広報紙制作などの業務も並行して行わなければなりません。外出先でもこれまでの業務をこれまでどおりに行えるようにということで、「HP EliteBook x360 1030 G2」を使うようになりました。メールでやりとりをしたり、広報紙制作のスケジュール管理をしたりということが、外出先でも市役所の自分のデスクにいるときと同じようにできるようになり、本当に助かっています。

多彩なセキュリティ機能が充実
外出先でも安心して使えるパソコンですね。

――「HP EliteBook x360 1030 G2」を使われた感想はいかがですか?

まず本体が薄いことに驚きました。ノートパソコンなのにディスプレイが360度開いて、タブレットのようにも使えるのは斬新だなと思います。オプションの「HP Active Pen」を使うと、PDFに修正指示を書き込むことも手軽にできるので、仕事の効率は外出先でも変わらないです。 また、ボタンひとつで画面を正面以外からは見られなくする「HP Sure View」で盗み見やのぞき見に対策できたり、スマホと連動させてパソコンのセキュリティを高める「HP WorkWise」など、さまざまな機能を搭載しているので、外でも安心して使えますね。

プライバシースクリーンで使用者以外の画面閲覧を防止する「HP Sure View」は、のぞき見や盗み見からの情報漏えいにボタンひとつで対策できる

「HP WorkWise」はセキュリティ・認証管理のスマホアプリ。Bluetoothでパソコンと接続。その電波強度をリアルタイム計測し、席を離れた時にパソコンを自動ロックしたり、パソコンへの不正アクセスを通知するなど、多彩な機能を提供する

――では、今後の抱負を教えてください。

世界遺産に登録されたことで、宗像には注目が集まっています。世界遺産をアピールすることは当然として、この機会に、宗像に遊びに来てくださる方、住んでみたいと考えてくださる方をもっと増やせるようにしたいです。そのためにも「HP EliteBook x360 1030 G2」といっしょに積極的に外に出て、宗像のいいところをたくさん見つけて、発信していきたいです。

SNSに投稿する記事制作のために宗像大社辺津宮・神宝館を取材する花田さん

先進のセキュリティ機能は、確実な業務継続も可能にするので安心感が違います。

宗像市
都市戦略室 秘書政策課
係長
飯野 英明氏

これまでにも広報担当スタッフにビジネスタブレットPCを配備し、即時性の高い情報発信などに役立ててもらっていたことから、モバイルデバイスの利便性と有用性は理解していました。
このほどの世界遺産登録で、花田さんをはじめとする広報担当スタッフが外出する機会が飛躍的に増え、出先でも安全・安心に業務継続できる環境の必要性が高まったことから、先進的なセキュリティ機能を数多く搭載し、世界でもっとも安全と謳われる「HP EliteBook x360 1030 G2」を採用しました。
ボタンひとつで盗み見などによるビジュアルハッキングを防ぐ内蔵型プライバシースクリーン機能「HP Sure View」や、パソコンのヘルスチェックから、自動ロックや解除、USBメモリのアクセス通知など、さまざまな機能を活用できるスマホアプリ「HP WorkWise」など、先進的なセキュリティ機能のおかげで、外でのパソコン使用における不安を一掃することができました。 また、Web閲覧をパソコン上の仮想マシンで実行し、不正なWebサイトにアクセスしてしまってもパソコン本体のマルウェア感染を防ぐことができる「HP Sure Click」や、不正改ざんをリアルタイム検知しBIOSを自己修復する「HP Sure Start Gen3」などの機能は、万一、トラブルに遭遇した際にもすぐにパソコンを元の状態に回復できます。これは業務継続という面でも大きな安心感につながっています。
広報業務で使う以上、不特定多数の方々とメールやデータをやりとりをする必要があるため、使用環境としてはリスクが高いわけですが、「HP EliteBook x360 1030 G2」はそのような場面でも安心して使えるビジネスノートだと考えています。

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、「神宿る島」を崇拝する伝統が古代から今日まで発展し継承されてきた貴重な遺産です。古代祭祀が行われた「神宿る島」沖ノ島(沖津宮)、その祭祀が発展した親交の場である大島の中津宮と九州本土の辺津宮、沖ノ島祭祀を担った古代豪族宗像市の墳墓群である新原・奴山古墳群、「神宿る島」を遙拝する信仰の場である沖津宮遙拝所で構成され、2017年7月9日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により、世界文化遺産として登録されることが決定しました。
中でも、沖ノ島は島全体が御神体として国の史跡となっているほか、約8万点もの出土品はすべてが国宝に指定され、「海の正倉院」とも呼ばれています。これら国宝の数々は宗像大社辺津宮・神宝館に収蔵・展示されています。
2014年から宗像市の世界遺産登録活動を応援してきた日本HPは、これからも世界遺産の保存・活用を支援していきます。

宗像大社中津宮・拝殿(大島)
福岡県最大の島である大島に鎮座する、宗像大社の三つの宮のひとつです。

宗像大社沖津宮遙拝所(大島)
御神体として立ち入りが許されない宗像大社沖津宮(沖ノ島)を、はるか遠くから拝むために設置されたといわれています。

風車展望所・砲台跡(大島)
大島の北側にある第二次世界大戦時の砲台跡で、空気が澄んだ日には沖ノ島を見ることができます。

宗像大社辺津宮(宗像市田島)
宗像大社の宮のひとつ。敷地内に大量の国宝を収蔵・展示した神宝館もあります。

参考:http://www.okinoshima-heritage.jp/ 

HPビジネスPCラインアップ

法人ノート

法人ノート

長期利用に求められる高い耐久性に加え、メンテナンス性、セキュリティ性、拡張性、互換性など、ビジネスにおける様々な厳しい要求にお答えします。

詳しくはこちら

法人タブレット

法人タブレット

様々なビジネス用途に合わせて拡張性も備えた、ビジネスのために設計されたタブレットシリーズです。

詳しくはこちら

法人デスクトップ

法人デスクトップ

運用コスト削減するパフォーマンスシリーズ、初期導入コスト削減するスタンダードシリーズ、プライスパフォーマンスを追求したエントリーシリーズをご用意。豊富なラインアップから選択いただけます。

詳しくはこちら

HP ワークステーション

HP ワークステーション

ニーズに合わせて選べる豊富なプラットフォーム

詳しくはこちら

HP シンクライアント

HP シンクライアント

優れた処理性能と、快適利用を実現するソフトウェアで高いユーザー満足を実現すると共に、便利なツールでIT管理者の負担を減らします。デスクトップタイプからモバイルまで充実のラインナップ。

詳しくはこちら

※本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。

  • ※Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
  •  
close